メルカリでキャンセルによるペナルティはある?出品者・購入者都合の実例も調査

メルカリ

メルカリを利用していて、悪気はないもののどうしてもキャンセルしたい時ってありますよね?

そんな時に気になるのが、キャンセルによるペナルティはあるのかということ。

出品者の場合と購入者の時で状況も異なるため、それぞれのケースでどういったリスクがあるのか調べてみたいと思います。

メルカリのキャンセルについて

まず最初に知っておきたいのが、そもそもメルカリでキャンセルすることは可能なのか気になりますね。メルカリ公式サイト内にあるメルカリガイドでは、以下のように記載があります。お客さま間で取引中止することに合意されている場合には、取引をキャンセルできます。取引をキャンセルしたい - メルカリ公式サイトでこのように記載がある通り、出品者と購入者の間で合意があれば取引をキャンセルすることが可能となります。つまり、逆を言えば双方の合意がない場合のキャンセルは不可能ということになりますね。もちろん、出品者側が商品を発送しない場合や、購入者側が商品代金を支払わない時は強制的にキャンセルとなってしまいますが、メルカリの運営としてはこれを認めていません。こういった場合にペナルティを課せられる可能性が出てきます。では、具体的にどういった時にペナルティを受ける可能性があるのか見ていきましょう。

まず最初に知っておきたいのが、そもそもメルカリでキャンセルすることは可能なのか気になりますね。

メルカリ公式サイト内にあるメルカリガイドでは、以下のように記載があります。

お客さま間で取引中止することに合意されている場合には、取引をキャンセルできます。

公式サイトでこのように記載がある通り、出品者と購入者の間で合意があれば取引をキャンセルすることが可能となります。

つまり、逆を言えば双方の合意がない場合のキャンセルは不可能ということになりますね。

もちろん、出品者側が商品を発送しない場合や、購入者側が商品代金を支払わない時は強制的にキャンセルとなってしまいますが、メルカリの運営としてはこれを認めていません。

こういった場合にペナルティを課せられる可能性が出てきます。

では、具体的にどういった時にペナルティを受ける可能性があるのか見ていきましょう。

メルカリのキャンセルでペナルティが発生するケースとは?

メルカリの取引キャンセルによるペナルティですが、どういったケースで発生するかは出品者側と購入者側で状況が異なります。基本的に相手都合によるキャンセルは問題ないのですが、自己都合によるキャンセルで運営側から見て悪質と判断された場合にペナルティが発生します。具体的にどのような時に運営側が悪質と判断するのか、出品者側と購入者側のそれぞれの視点で見ていきましょう。

メルカリの取引キャンセルによるペナルティですが、どういったケースで発生するかは出品者側と購入者側で状況が異なります

基本的に相手都合によるキャンセルは問題ないのですが、自己都合によるキャンセルで運営側から見て悪質と判断された場合にペナルティが発生します。

具体的にどのような時に運営側が悪質と判断するのか、出品者側と購入者側のそれぞれの視点で見ていきましょう。

出品者都合のキャンセルでペナルティの可能性があるケース

自分が出品者の場合にキャンセルをして、ペナルティを受ける可能性があるのは以下のようなケースが考えられます。

  • 発送期限を過ぎても商品を発送しない
  • 手元に商品がなくて発送できない
  • 明確な理由を提示せず一方的にキャンセルする

どれも当たり前のことですが、購入者側からすれば不愉快で悪質と感じますし、メルカリの運営から見ても非常に迷惑なユーザーと言えます。

また、例として商品説明とまったく異なる商品を送付したり、配送料金込みの取引で送料着払いで商品を発送してしまうなどしてしまい、その後の対応をせず大きなトラブルになった場合もペナルティを受ける可能性が出てきます。

購入者都合のキャンセルでペナルティの可能性があるケース

続いて、自分が購入者の場合にキャンセルをして、ペナルティを受ける可能性があるのはどのようなケースか見ていきましょう。

  • 支払い期限を過ぎても商品代金を支払わない
  • 商品の受け取りを拒否した
  • 明確な理由を提示せず一方的にキャンセルする

こちらも当たり前のことばかりですが、出品者側も不安になったり不快に思うことばかりですよね。

過去に実際にあった事例として、競合するユーザーを邪魔するために商品を購入して支払いをしなかったり、受け取りを拒否するという悪質な迷惑ユーザーがいたそうです。

そういった悪質ユーザーを排除するためにも、メルカリの運営としてもこういった点は重要視しているようです。

メルカリで勝手な自己都合のキャンセルはペナルティのリスクがあるため注意しよう

メルカリの取引キャンセルでペナルティとなるのはどういったケースがあるのか、出品者側と購入者側それぞれの視点で見てみましたが、基本的には正当な理由があり双方の合意によるキャンセルであれば問題ありません

相手に説明もせず勝手な自己都合で一方的にキャンセルしようとしたり、あきらかに相手が嫌がるような迷惑行為をするとペナルティを受ける可能性があります。

もちろん同意の元でキャンセルとなったとしても、それが何度も続くようであればメルカリの運営から目を付けられて悪質な迷惑ユーザーと判断されるかもしれません。

アプリで簡単に売買ができるといっても、人と人の信用で成り立つ取引です。

売買が成立した時は、誠意を持って取引を行うようにしましょう!

メルカリでキャンセルによるペナルティの内容は?

続いて説明したいのが、メルカリのキャンセルで受けるペナルティの内容です。最初に参考として紹介しておきますが、自分も一度だけペナルティを受けたことがあります。ペナルティを受けた理由ですが、商品を出品する時に実物の写真を一枚も登録せず、公式サイトの画像のみ掲載してしまったのが原因でした。自分が受けたペナルティの内容は、24時間以内に新しく商品を追加したり購入することができないというものでした。いつも、スマホから骨子だけ簡単に登録して後からパソコンで詳細な情報を追加していたのですが、数時間放置してしまったために運営から目を付けられたようです。理由はキャンセルではないものの、どういったペナルティがあるのか自分の実例を紹介してみました。それでは具体的にどういったペナルティがあるのか見ていきましょう。

続いて説明したいのが、メルカリのキャンセルで受けるペナルティの内容です。

最初に参考として紹介しておきますが、自分も一度だけペナルティを受けたことがあります。

ペナルティを受けた理由ですが、商品を出品する時に実物の写真を一枚も登録せず、公式サイトの画像のみ掲載してしまったのが原因でした。

自分が受けたペナルティの内容は、24時間以内に新しく商品を追加したり購入することができないというものでした。

いつも、スマホから骨子だけ簡単に登録して後からパソコンで詳細な情報を追加していたのですが、数時間放置してしまったために運営から目を付けられたようです。

理由はキャンセルではないものの、どういったペナルティがあるのか自分の実例を紹介してみました。

それでは具体的にどういったペナルティがあるのか見ていきましょう。

メルカリのペナルティはアカウントに利用制限がかかる

メルカリのペナルティは、基本的にはアカウントの利用制限になります。

利用制限がかかる期間は数パターンあるとされ、いま分かる範囲では以下のような時間が挙げられます。

メルカリで利用制限がかかる期間

  • 3時間
  • 12時間
  • 24時間
  • 48時間
  • 72時間
  • 1週間
  • 無期限

これは運営側の判断によって期間が異なり、それまでの回数や迷惑度合いによっても変わってきます。

メルカリのペナルティで最悪なのは強制退会・解約

メルカリで仮に悪質なキャンセルを行ってしまったとしても、1回目であれば一定期間利用制限がかかるペナルティのみの可能性が高いですが、回数が増えると最悪の場合は強制的に退会・解約させられることもあるようです。

万が一強制退会になってしまった場合、それまでの売上金は没収されてしまいます。

キャンセルが理由ではありませんが、メルカリの運営から迷惑行為により利用をやめない場合に裁判・損害賠償請求・刑事告訴する可能性があると、連絡が届いた方もいるようです。

当たり前のことですが、メルカリを利用するのであればルールに沿った利用を心がけるようにしましょう。

ペナルティの利用制限中にできることとできないこと

先ほど自分がペナルティを受けたときの状況で少し書きましたが、利用制限中にてきること・できないことについてもまとめてみます。

ペナルティの利用制限中にできること

ペナルティの利用制限中にできることですが、すでに完了している取引のコメントだったり出品している商品へのコメント返信などは可能となります。

基本的には自分のフィールド内で多少の自由が効くといった状況ですね。

ペナルティの利用制限中にできないこと

一番気になるのは利用制限で何ができなくなるのかという点ですよね。

残念なことに利用制限がかかると、商品の購入やコメント・いいねができなくなる他、自分の商品を買ってもらうこともできなくなるのです。

つまり、ほとんどのことができなくなるということです。

実際に自分も体験しましたが、1日と言えども非常に不安になります。

こういった利用制限を避けるためにも、ペナルティを受けるような行為はしないようにしましょう。

メルカリのキャンセルによるペナルティまとめ

メルカリのキャンセルについて、ペナルティを受ける可能性や内容について解説してみました。

普通に取引をしていればまったく問題のないことですが、どうしてもキャンセルしなければいけない状況になったら、誠意ある対応をして合意してもらえるようにしましょう。

また、購入前に本当に必要なものか、予算に問題ないかはしっかりと確認するようにしましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました